「海のボランティア(マリンフェロウズ)」の運営ボートについて
海上での活動には、クルーザー、パワーボート、インフレタブルボートを活用します。
マリンフェロウズの活動は、NPO湘南港マリンセンター所属の艇や、神奈川県セーリング連盟の艇を使って行います。

◆ トレーニングレースは「ゼロ」及び「カモメU(神奈川県セーリング連盟所属)」を使用しています。
◆ 県セーリング連盟、日本セーリング連盟、関東470協会主催のレース支援は「ゼロ」を使用してレース運営に参加しています。

◆ 2012年7月より、マリンフェロウズメンバー増加に伴い、新たに運営艇を増やしました。新運営ボートは、
  ヤマハSRV20「艇名:エフワン」です。

 2012年7月より、マリンフェロウズの活動は、主に「ゼロ」及び「エフワン」の2隻の運艇艇で行いました。

◆ 2013年より、新たに「ちどり」が加わりました。「ちどり」は「ゼロ」と同型のHIV製の大型インフレタブルボートです。
  マリンフェロウズの活動は、3隻の運営艇(2隻は大型インフレタブル艇)で実施されます。

運営艇1
大型インフレタブルボート「ゼロ」

「ゼロ」

運営艇2
「エフワン」

「エフワン」
運営艇3「ちどり」 「ちどり」

「ちどり」
運営支援メンバー(マリンフェロウズ)
◇小型船舶免許を取得(2012年度もメンバーの中で免許取得の為の講習会を実施しています)
◇海上特殊無線免許(艇との連絡はVHF無線免許を使います。メンバーに無線免許取得の講習回を定期的
  に実施しています

◇レース運営支援の為、JSAF(日本セーリング連盟)のレースオフィサー、ジャッジ資格を取得の為の講習会も
  計画しています。

◇海上運営に必要な技術、経験は、トレーニングレース運営支援等でOJTでの経験と、定期的に講習会を
  実施しています。
活動風景(7月28日、29日関東470本選の運営支援)
海上のマーク設定とレース艇の回航記録を担当しました。 江の島で実施される多くのレースの運営支援・その他マリンイベントの支援を行います。